タケノコホンポ

とある萌え豚の感想日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画一言感想『るろうに剣心 伝説の最期編』(2014)

尺の使い方についていろいろ考えてしまう作品でした。
バトルは相変わらず最高でした、特にCCO対4人のリンチ状態が…w
まさに八面六臂の活躍を見せた藤原竜也さんこそが今回のMVPでしょう。

今回の多くの原作ファンがやや不満を持っているのは十本刀の扱い方でしょうか。
剣心自体の成長・CCOを乗り越えるということが今作の本筋なので、まあ十本刀はオマケ要素でしかないのですが、
そうはいっても少年マンガ、各脇役キャラにも熱烈なファンがつき、その活躍を楽しみに来る人も多いはず。
そういう意味では刀狩の張は恵まれてましたね(笑)。

一部の話では、鎌足や宇水の活躍ももっとあったらしいのですが、撮影後カットされたとのこと。
それならノーカット版を円盤で見たいものですね。
その一方で、伊藤博文関係は必要だったのか? 剣心がわざわざ江戸に戻ってまで恵の見せ場作る必要あったかな? とか、もっと削れそうな部分も思い至るには至るんですが…
その辺の若干のぐだぐだを含め、「るろ剣」のいいところがしっかり出ていていい映画だったなーと。

次回、「追憶編」割と本気で楽しみにしてます。ギャグ一切なしの殺戮劇で。
スポンサーサイト

| 映画レビュー | 00:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takenokohonpo00.blog24.fc2.com/tb.php/245-5a408e57

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。