タケノコホンポ

とある萌え豚の感想日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画一言感想『美女と野獣』(2014)

ディズニー版美女と野獣が非常に大好きなんですが、あれは多分に脚色されているので、もう少し原作寄りの映画が見たい…と考えていたため、チャンスと思って見てきました。もっとも、こちらも割と原作からはかけ離れているらしいですけどね。
特徴としては、シーンの一つ一つが非常に幻想的で美しく、丁寧に作られていて、視覚的には十分に楽しめる映画になっていることです。野獣も醜いというよりは野性的な美しさがありますし、ベルの家族や悪役のチンピラたちは戯画的に、そしてベルと森の精は本当に可愛らしい! フランス映画としての美意識に酔いしれさせてくれる映像群だと思います。
もっとも、映画としての構成やストーリーのちぐはぐさという点を考えると、娯楽映画としては今一歩ですね。ディズニー版のロマンチックさや感動を期待していくと肩透かしを食らうでしょう。フレンチ・ファンタジー映像集だと割り切って観た方が吉かも。
スポンサーサイト

| 映画レビュー | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takenokohonpo00.blog24.fc2.com/tb.php/257-74968c26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。