タケノコホンポ

とある萌え豚の感想日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画一言感想『桐島、部活やめるってよ』(2012)

今回はいつもの感想よりちょっと踏み込んでます。

群像劇、ではない。
これは主人公不在の物語だと感じました。

言うまでもなく主人公はクラスの誰もの関心を集めていた桐島という少年であり、彼がいなくなった後もクラスメイトの話題は彼のことを中心に進んでいきます。
ひとつの物語として見れば、彼はすでに存在せず、観客は彼のことを知らないのに、また進路的にも部活においてもみんな大事な時期を迎えているというのに、画面の中のクラスメイトたちはいつまでも彼のことにこだわっている。
主人公がいないわけだから、当然脇役たちは各々バラバラに、所在なくその役どころをこなすしかありません。そういうわけで、個々の主観で、主人公がいなくなってどうしていいかわからなくなった不安定な若者たちを追いかけている、切り取っているのがこの映画というわけですね。

そんな中で、唯一桐島のことをまったく気にも留めていなさそうなのは映画部のメンバー。彼らだけは桐島という亡霊に振り回されることなく、自分たちの時間を生きていたのだと思います。
主人公不在の、みんながおろおろしている空間の中でも、自分の人生の主人公として生きていた前田たち。しかし彼らはいわゆるスクールカーストの底辺であり、リア充たちにバカにされる存在。
しかし、前田はそんな彼らに言い放ちます、「お前らの方がおかしいじゃないか」。
「こいつらを食い殺せ」。
名シーンだと思います。

最後の東出昌大とのシーンもよかった。お互いをお互い、カメラで覗き込む…、映画の脇役同士が、はっきりと互いを意識するんです。「自分は映画監督にはなれない」「俺は…」と語り出すんです。

桐島は飛び降りて消滅し、残された脇役たちはようやく残された自分たちの青春を始める。
いいですね。
凄くいい。

それにしても、神木君は何やっても可愛いですね…(笑)。
スポンサーサイト

| 映画レビュー | 04:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takenokohonpo00.blog24.fc2.com/tb.php/267-989b5d10

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。