タケノコホンポ

とある萌え豚の感想日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画一言感想『ドリームガールズ』(2006)

舞台ミュージカルの映画化作。ビヨンセとジェニファー・ハドソンの歌声が圧倒的迫力を持つ作品ですが、映像の取り方が悪いのか、舞台→映画の演出変更がうまくいかなかったせいか、映像で見るには少々退屈な作品になってしまっていて残念。
しかしR&B好きにはなんともたまらんシーンやセリフはたくさんあります。例えば「キャデラック、キャデラック…」の歌が次のシーンではさっそく白人にパクられているところとか…(笑)。「レゲエ、R&B、ジャズ、みんな白人が奪っていった…」。黒人音楽の底意地みたいなものを見せてくれる映画をまた期待したいですね。今月さっそく、ジェイミーフォックスも出てるアニーが公開になることだし。楽しみ。
スポンサーサイト

| 映画レビュー | 15:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takenokohonpo00.blog24.fc2.com/tb.php/276-70fed4a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。