タケノコホンポ

とある萌え豚の感想日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画一言感想『Vフォー・ヴェンデッタ』(2006)

革命家の物語。ナタリーポートマンが良かったですね。革命思想家ガイ・フォークスがモデルになっているということで、なんとなく日本人にはなじみの薄いテーマかもしれませんが、まあこういうダーク・ヒーローはいつの時代もカッコいい。アクションなど娯楽性も高く、いわゆるディストピアものとしては割と安心して見れる部類の作品だったと思います。
しかしこのVの役、マトリックスでスミス役などもつとめるヒューゴ・ウィーヴィングが演じているとのことですが、仮面をつけていて顔が全く出てこないのでなんとも贅沢なキャストというか…(笑)。るろ剣の藤原竜也みたいなもんですかね。顔を隠していても演技でものを言うのが真の腕のある俳優さんということか…。
スポンサーサイト

| 映画レビュー | 22:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takenokohonpo00.blog24.fc2.com/tb.php/279-fcd4b36a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。