タケノコホンポ

とある萌え豚の感想日記。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画一言感想『時計じかけのオレンジ』(1971)

キューブリック視聴4作目。インパクトでは最強でした。度を超えた暴力描写、ぐっさりと胸に刺さる彼らの残酷さ。しかし本当に恐ろしいのは、そういう非行少年たちをあれやこれやと論評し、研究して解剖して、社会に適応させるために様々な実験を試みる権力者たち。ある種、ディストピア的管理社会に対し警鐘を鳴らす作品になっていました。
前半のアレックスの暴力描写が凄すぎてそちらにばかり意識が行きがちですが、アレックスを利用しようとする政治家や権力側に回った途端アレックスをいじめ抜く元仲間、暴力には数の暴力で返す被害者たちなど、人間ってのは力を持つとほんとどうしようもねえなあという感じです。まあでもやってきたことがやってきたことだけに仕方ないのです。まあ、教育だの更生だのっていうのは極端だとどれもうまくいかないものですね…、っていう。
私もいざ体の自由を失ったときに周りから復讐されたかないので、あんまり恨みを買わないよう気をつけないと…(笑)。
スポンサーサイト

| 映画レビュー | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://takenokohonpo00.blog24.fc2.com/tb.php/280-09380a46

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。